2015年3月29日日曜日

3/29 献花と礼拝メッセージ

  「野の花を見よ」との聖書の言葉(マタイ6:28)が、
今日は玄関に反映されました。そして、

礼拝堂にもこれこの通り。白、紫、黄色が、赤の床、青のガラスに
まけじと引き立っています。

 本日も礼拝が守られ、礼拝後には豚汁とご飯の愛さんが行われました。

次週の礼拝も、どなたでもご自由においで頂けます。

4/5(日)10:45~となります。

本日のメッセージは以下の通りです。



説教要旨】 マルコによる福音書1427-31.66-72節 
ペトロはイエスさまのお弟子さんです。「ペトロ」の名の意味は、割れ石、細石です。実際に、マルコ福音書では彼の調子外れの言動を見出すことができます。子ども染みたものです。ただ福音書がそのようなペトロの姿を残すのは、単なる批判ではありません。いわば、彼の成長の記録なのです。今日の聖書はペトロの弱さと共に、弱さを見越した主の恵みの記録です。

福音書一か所目は、イエスさま逮捕直前の場面です。イエスさまはお弟子さんたちの躓きを予告します。でもペトロは躓きを拒みますが、言い草がこ憎らしい。「私は躓かない」迄は良いのですが、「みんなが躓いても」とある。何と言う言葉か。他の弟子たちを引き合いに出しつつ、自身の強さを強調しています。福音書はここでのペトロの「力強さ」を記録に残します。

だが数刻後、警備兵乱入と共に、弟子たちは全員逃げます。立派な言葉はどこに行ったのでしょうか。ペトロのみはどうにか留まって、主の裁判に行き、主との関係を詰問されています。ペトロは主との関わりを三度否定します。数時間前までは「力強く」語っても、実際は怖い。後悔の涙を流すペトロですが、自分の真の姿を知ったのでしょう。主との一たびの別れです。

 イエスさまは一か所目で「あなた方より先にガリラヤに行く」と言われます。その後弟子たちが逃亡し、ペトロの弱さが露呈してもイエスさまの約束に変わり無しなのです。主は十字架に付けられるが、それでも約束は継続します。復活の主は若者の口を通して「ペトロに告げよ、ガリラヤで会おう」と言うのです。その主は、どのような自分であっても約束を完遂されるのです。それは私たちも同様に備えられた恵みなのです。主の言葉に日々変えられることは感謝です。

0 件のコメント:

コメントを投稿