2017年11月26日日曜日

11/25.26 海と礼拝と飾りつけ

  徳山Cの献花です。教会の暦は来週アドベントですが、
 まさにアドベントのアドベント(待つ)の献花、クリスマスから―でした。
  さかのぼって昨日の海、最近小浜海岸では、海岸の地形が変わっています。
 何が起きているのか分かりませんが、昨日の波は荒かったでした。

立ち返って本日の徳山C礼拝後、飾りつけが行われました。
庭に自生するハーブが用いられ、匂いたつリースです。

今週、聖書の学びは牧師の出張の為、行われません。
今週、来週ともに以下の日程で集会、礼拝が行われます。


11/28 (火) 徳山 聖書の学び 休会です。

12/2 (土) 13:00 益田 小浜礼拝
        14:00 益田 元町礼拝
        19:30 六日市礼拝

12/3(日)10:45 徳山 礼拝 


いづれの礼拝、集会ともにどなたでもご自由にお集まりいただけます。

本日の礼拝メッセージは以下の通りです。




【マタイ福音書2531-46節】
 主は、今日の聖書できっぱりと線引きをなさいます。「善いことをすれば、たくさんの祝福があり、善いことと知りつつもしなければ、永遠の罰が待っている」と。歯がゆいお言葉と言えるでしょう。私たちの日々には、そんなきっぱりと線を引くことは出来ないのです。ルターは、なるほどと思える言葉を言います。今日的に直せば「私たちは実は乗用車で、運転席を巡って、主と悪魔とが争っている」と。悪魔が運転するときは、車は危険なほうに向くし、主の運転時にはゴールドドライブ、そんな日々を送っているのが私たちです。

 つまり、今日の聖書があるからといって、極端な解釈は不要なのです。「一度でも御心に叶わないことをしている自分は、永遠の罰だ」と決めつければ、永遠の罰を受けなければならない人で彼の地は溢れかえるでしょう。100%の善人はなく、100%の悪人もいない。それではこの聖書を私たちはどう読めば良いのか。ヒントは「羊と山羊」の個性にあります。

 羊は聖書の時代、群れなくては生きられない動物と見做されていたようです。一方で山羊は、レビ記の記述を読めば単独でも生きられる動物と考えられていたようです。実際、そうですね。羊には羊飼いや牧羊犬が付き添いますが、孤島で山羊が繁殖したという話も聞きます。つまり、羊とは関係性の中で生きる動物、山羊は単独で生きる動物。私たちには、そのどちらの時もあるとつくづく思わされます。羊的部分、山羊的部分を持つのです。

 実はこの後、主ご自身も多くの人の「山羊的部分」に直面されます。その時主は、山羊的な人々にも「永遠の罰だ!」との裁きをおっしゃったでしょうか。いいえ、山羊的な人々にも福音を語ったのです。他者とのかかわりを一方的に破却した「強盗」の人にも「天国」をお語り下さったのです。主はなぜ、山羊的な人とも共にあったのか。それは、山羊的な人にも天国が約束されていることを示すと同時に、その羊的部分が少しでも伸び、山羊的部分が少しでも減るようにという主の願いからです。皆さんの中には、山羊的部分はありますか? 私はあります。少しでもその山羊が減ることを、共々に願う群れでありたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿