2018年6月10日日曜日

6/9.10 海と献花と礼拝


  6/9の小浜海岸の様子です。
 益田に至るまでの気温計は30度以上になっていました。
 海岸も同様の気温だったのでしょうか、風がありましたのでカラっとしていました。
 この後、元町、六日市でも礼拝が行われました。

6/10の徳山礼拝献花です。
 本日も会員の方が、ご自分の庭で咲いた花をお捧げ下さいました。

聖霊降臨後第3主日の今日、教会の礼拝ではこういうことがありました。

1 礼拝前には、昨日お孫さんの運動会に行かれたN姉、
  風邪を引かれたと言われるK姉からお休みの連絡を頂きました。
  それぞれの姉妹方のためにお祈りがなされました。
2 礼拝の報告時に、先に行われた「女性会連盟 総大会」の報告がなされました。 
3 礼拝後には味噌汁、そしておかかおにぎり、わかめおにぎりを頂きました。
  いつかの礼拝後にも出された「らっきょ酢とオリーブオイルのドレッシング」が
  茹でキャベツにいい味を加えていました。
4 今週、来週ともに礼拝、集会は以下の日程で行われます。

6/12 火曜日 15時 聖書の学び
6/16 土曜日 益田市小浜礼拝 休みとなります
        益田教会礼拝 休みとなります
        六日市礼拝 休みとなります
6/17 日曜日   10時30分 六日市合同礼拝

いずれの礼拝、集会にもどなたでもお越し頂けます。

本日の礼拝説教要約は以下のとおりです。



【マルコ福音書213-17節】
 マルコ福音書の初めに主は「癒し」を多く為さっています。神さまから託された力を用いた意図は、当時の宗教界への反発心から来るものでした。当時の宗教者が見捨てた人々、つまり「神さまはお前のことを愛さない」と断ぜられた人々に、主は関わりを持たれたのです。確かに主は、多くの人を「立ち上がらせた」訳ですが、全てがそれではありません。その当人が立ち上がる手助けを為したこともあるのです。それが今日の聖書に現れています。

 手がかりが、主が言われた「医者」への考察です。「医者」とは当時はどのような働きを為したか。今の私たちから見れば、理解し得ない治療と思える部分も、理に叶った働きと思える部分もあります。ただ当時の医者について好意的に言えば、「病気を治療するのでなく、当人が病気と闘えるような治療をする」わけですし、「当人の身体ではなく、当人の心に働きかける」ことが大でした。主は、当時の医者の呪術的な部分でなく、医者の根幹の部分、つまり「当人の心を支え、育む」ということを今日の聖書で徴税人のレビに為されるのです。

 「湖のほとりの収税所」にレビなる徴税人が座っていました。当時徴税人は、才覚次第で多くの実入りを得られる身分でした。立場を誇示し、強制的に徴税することによってです。その代価は、市井の人々からの偏見と憎悪、十戒違反(第8、第10)と宣伝する律法学者からの蔑視であり、加えてノルマ達成を求める上司からの圧力もありました。「座っていた」レビの心中は如何なものか。主はそのようなレビに声を掛けられましたが、声を掛けられた時のレビの心中はどのようなものがあったか。週報ではあえてその答えは記載しません。

 主は確かに「癒し」を為さいましたが、それに終始しませんでした。癒しが必要なときには癒し、むしろこのレビややがての弟子たちへの関わりは、育てる、支えるということに終始されたのです。それぞれの時に相応しい助けを給うのです。私たちも、コヘレト書が語る如く昔も今もこれからも、様々な人生の時を迎えるものです。その時に応じた助けを、主は私たちに下さる。立ち止まる時は、主の御助けの中で、立ち上がる備えの時なのです。




2018年6月3日日曜日

6/2.3 穏やかな海と献花と礼拝

  6/2 小浜礼拝前の海です。今日は実におだやかな海でした。
 この後、小浜、益田、六日市では礼拝が行われました。
 この日も山陰は日中は暑い陽気でしたが、夜の六日市は涼しくなりました。

  6/3 徳山献花です。アジサイの花です。

  6/3の写真ですが、献花は5/27のものです。
 一週間たっても、礼拝堂の献花は元気そのものです。
6/3 教会員の庭の花の献花(と思われます)です。

 聖霊降臨後第2主日の今日、教会の礼拝ではこういうことがありました。

1 聖餐式を伴った礼拝は、今年初めてクーラーを入れた礼拝堂で行われました。
  聖餐式の陪餐の時に、未受洗の赤ちゃんがパン皿に手を伸ばそうとする光景は
  ほほえましいものがありますね。
  今日は聖餐式で失敗の一歩手前でした。
  ぶどう酒とジュースを間違えて配さんしそうになりました。気付いて良かった。
2 本日も仕事をされている方々のための祈りがなされました。
3 礼拝後には味噌汁、そしてキノコご飯を頂きました。
  大釜で炊くご飯は美味しい、大鍋での味噌汁も美味しいですね。
4 今週、来週ともに礼拝、集会は以下の日程で行われます。

6/5 火曜日 15時 聖書の学び
6/7 木曜日~6/8 金曜日 名古屋出張
6/9 土曜日 13時 益田市小浜礼拝
        14時 益田教会礼拝
        19時 六日市礼拝
6/10 日曜日   10時45分 徳山礼拝

いずれの礼拝、集会にもどなたでもお越し頂けます。

本日の礼拝説教要約は以下のとおりです。


【マルコ福音書第2章1-12節】
 文章、書物に限らず人の作品にはその作成者の思い、主張が刻まれるものです。「福音書」とは、主の言葉や行いが編集されたものですが、編集者「マルコ」を初めとする人々の気持ちが込められています。マルコ福音書の主張は2つです。一つ目「イエスさまは神の子 (1:1)」、二つ目は「神の子イエスさまは信じる人々だけでなく周囲にも恵みを及ぼす(2)」ということです。主を信じる信仰は「わたし」個人のものです。しかしその「わたし」から、恵みは溢れて周囲に及んでいく。自然に及んでいくことが今日の福音書の日課でも語られるのです。

 主の時代の「屋根」には色々ありまして、富豪の家はともかく、それ以外の家は「粗朶(そだ)」枯れ枝を集めて束にし、その上に土を練って塗って天日で乾かしたのです。ここに「中風」体にマヒが及んでいる人がいました。このような境遇の人は、自宅から誰かに朝に外へ連れ出してもらい、日中は物貰い、夕方に家に帰してもらう一日を送っていました。その彼が、主の噂を聞きつけたのです。いつも自分を助けてくれる4人に助力を頼んだのです。

 ところが主の家は黒山の人だかり。4人は、道なきに道を作りました。その道とは屋根から家に入るという斬新なアイディアです。枯れ枝と土ぼこりが家の中に降り注ぐのですから、主もほこりまみれになったでしょう。しかし主は、この4人に「信仰」を見ます。「主を求める人を助けた」からです。主はここで「屋根を壊した」ことも信仰から派生した行動と考えた。信仰とは祈りや礼拝への参加だけを言いません。一方の存在は、律法学者です。

 彼らはこの2章で主に付きまとっています。主の一言一句が気に入らないのです。その彼らに聞こえるように主は「罪の赦し」を中風の人に告げます。中風は罪の罰ではない。病や障害も罪の結果ではない。この言葉は、中風の人が社会復帰するための必要な言葉だったのです。主は、4人の助力を通して中風の人を癒されました。4人の信仰が中風の人に及んだということです。私たちの信仰は、私たちのものです。しかし私たちの器を通して、周りに及んでいくのです。私たちは器、その器にこぼれんばかりに主の愛が覆っています。
 

2018年5月27日日曜日

5/24.5/27 海と礼拝と献花

  5/20午後、教会員のご友人が活けられた花です。
  こちらは5/27の礼拝献花。
 本日誕生日を迎えられる会員が活けられた花です。

  戻って5/20の献花その2.
  こちらはゴーヤ。徳山Cの一階、牧師室をグリーンカーテンで覆う予定です。
最後は海。5/24の益田小浜の海は穏やかで透明な水を確認できました。

 三位一体主日の今日、教会の礼拝ではこういうことがありました。

1 三位一体主日に併せて、本日の礼拝の讃美歌は全て「三拍子」の歌でした。
2 自宅療養をされているK兄のため、
  本日も仕事の中に置かれているS姉、Y姉、F姉を覚えた祈りがささげられました。
3 礼拝後には味噌汁、そして漬物を頂きました。
  極限まで煮込まれた白菜が、いい味をかもし出していました。
  白菜が苦手な子どもたちも、もりもり食べていました。
4 今週、来週ともに礼拝、集会は以下の日程で行われます。

5/29 火曜日 15時 聖書の学び
6/ 2 土曜日 13時 益田市小浜礼拝
        14時 益田教会礼拝
        19時 六日市礼拝
6/ 4 日曜日   10時45分 徳山礼拝

いずれの礼拝、集会にもどなたでもお越し頂けます。

本日の礼拝説教要約は以下のとおりです。


【ヨハネ福音書3章1-12節】
宗教改革の原動力は、「教会のあるべき姿」を問い続けたルターの信仰でした。今日の主日名「三位一体」も、教会が自身の方向性を模索する過程で定まった教理です。「三位一体」の教えと関係あるのが、音楽の五線譜の冒頭記号「C」です。中世、五線譜の概念が生まれたヨーロッパでは、「三拍子」の楽譜冒頭に「○」と打つ、その意は「完全拍子」でした。そして「二拍子、四拍子」の冒頭には「C」、これはアルファベットのCではなく、元来は半円でした。「三拍子の音楽は三位一体を表す崇高な曲、それ以外は世俗音曲」との理解が為されていたのです。三拍子の讃美歌は、父、子、聖霊の神さまを表すという理解だったのです。

「三位一体」の教えは複雑です。しかしその示唆することは単純で、先ほどの「音楽」に例えれば、神さまは私たちを「三拍子のリズムに誘う」=力づけるということになります。聖書のニコデモがまさにそうでした。ファリサイ派の議員(高位宗教者です)としての肩書が記載されています。当時は、神殿再建のための借財を負わされていた高位宗教者、主のもとをわざわざ夜訪問します。肩書にそぐわない心持ちを抱いていたのです。冒頭で主を誉めますが、即座に主にその心根を見られます。「新しく生まれること」です。自身の働きについて思う所は多くあるものの、中々変えられないもどかしさの中ニコデモは主を訪ねたのです。

主は「霊」が「どこから来てどこへ行くのか」と言われます。聖霊のお働きの特徴が記載されています。主はニコデモの内面の葛藤をご存じですし、ニコデモがその葛藤を今まで誰にも分ち合おうとしなかったことをもご存じでした。意を決して夜訪れたニコデモに、「神さまのみ霊は、今の祈りの課題をいつ、どのような形で解決なさるかは分からないが、必ず良い方向に導く」と約束されたのです。ファリサイ派の彼にとって、望外の恵みの言葉に他なりません。

行き詰まりの中を歩いていたニコデモには、一筋の光明でした。どれだけのことが為せたかという団体に属していたニコデモの喜びは、やがて行動を伴います。教会とは、私たちこの世の旅人の休み場であり、ここから私たちは出かけて行く。加護は確かに私たちと共に。