2018年4月29日日曜日

4/28.29 荒波と野の花、百合の花

  4/28 の益田小浜の海です。
 荒波ですが、すがすがしい天気でした。
  4/29 徳山献花1です。H家の庭の花が捧げられました。
  徳山献花2です。F家が百合の花を捧げられました。
徳山献花3です。K家の庭に咲いているバラの花が捧げられました。

 本日の献花当番が「教会」となっていたために、教会員の皆さまが
 ご自分の気の付くお花を捧げていただきました。

 復活後第4主日の日曜日、教会の礼拝ではこういうことがありました。1
1 先々週土曜日、会員宅の愛猫が居なくなりましたが、不明のままです。
  どこにいても、神さまの守りがあると聖書を通して祈られました。
2 教会の礼拝当番にあたっている方が、お仕事のために休まれました。
  代わりの祈りをささげた教会員が、その方のお仕事や生活のために祈りました。
3 肌寒さは残る4/28の夕方、六日市でも夕べに礼拝が行われました。
  礼拝後には迫る六日市合同礼拝のことが話し合われ、
  その後、キャラメル、ゴーフルみたいなお菓子、お饅頭がおやつとなりました。
4 益田の小浜、元町でも礼拝が行われました。
  元町の方は保育園にお勤めですが、4/29に「銭太鼓」という伝統音曲を
  子どもたちと共に地域の祭りで披露されるそうです。
5 徳山では、愛さんに味ご飯、味噌汁を頂きました。
  付け合わせにはとれたてのキャラブキ、わさび漬けが出されました。
  S姉が昨日山登りを為さり、その帰り道に収穫したキャラブキと
  買われたワサビ菜ということでした。

今週、来週ともに礼拝、集会は以下の日程で行われます。

5/ 1 火曜日 聖書の学びは休会です。
5/ 5 土曜日 13時 益田市小浜礼拝
        14時 益田教会礼拝
        19時 六日市礼拝
5/ 6 日曜日   10時45分 徳山礼拝

いずれの礼拝、集会にもどなたでもお越し頂けます。

本日の礼拝説教要約は以下のとおりです。



【ヨハネ福音書15:1-10
 主は「ブドウの木」の話を通して、私たちに「つながり」を告げておられます。「神さまと私たち」「先に召された存在(人、動物)と私たち」とも、イエスさまを仲立ちとしてつながっている」。これは教会でしばしば聞かれることです。然りのことです。ではその「つながり」とは何か。要は、神さま、イエスさま、そして召された存在は、常に私たちのことを気にかけている。居る所は別々でも、向こう側(彼方)からこちら側への心は向いていることです。

 それは、ヨハネ福音書15章を呼んでも明らかです。文脈としては、主の弟子ユダが裏切るために退出し、ペトロが主に忠誠を誓うも離反を告知される13章の後に位置しています。「これからどうなるのか」という不安は弟子の中にあったでしょう。離散し、個別あるいは集団で潜伏する弟子たちの心情を見越す主の心配心もあったでしょう。それゆえに「つながり」を主は語るのです。主は「つながり」に加えて「弟子たちが実を結ぶ」ということを言います。この体たらくの弟子たちの結ぶ実とはなにか。どのようにしたら実るというのでしょうか。

 鍵の言葉は3節です。「清くなっている」という前後の脈絡にはない言葉が出てきます。原語では「聖別されている」「分けられている」という意味です。ブドウの花で言えば、実を結ぶべく受粉しているということです。弟子たちは今後、本心のままに動きますが、すでに「み言葉」によって「実を結ぶ者として分けられている」のです。全ての花は、自ずから実を結ぶことはありません。媒体とする物の故に実を結び得るのです。弟子たちは既に、主のみ言葉によって、やがて人生、宣教の実を結ぶ。「恵みと喜びは先立って与えられる」のです。

 ルターは、行為優先(奉仕、献金)の教えが勝っていた501年前のドイツで、「恵み優先」の聖書の教えを宣べ伝えました。聖書は初めから、「恵み優先、神さまの愛優先」を告げています。神さまの子どもとしての弟子たち、私たちはつい気を外に向けてしまいます。でも神さまが私たちの手を握るその強さは、まことに強いものなのです。私たちにとっての実は例えば「喜び(笑顔),感謝(ありがとう),祈り(気づかい)」でしょう。一つでも結びたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿