2015年4月26日日曜日

4/26 礼拝と説教メッセージ、献花、甲斐先生就任式



本日の礼拝献花です。かわいらしいピンクと白の共演です。春の盛りですね。


また、シオン教会にこの4月から着任された甲斐友朗(ともあき)先生の、
本日は就任式が行われます。

すこし早目に教会に着かれた甲斐先生と、教会の方々です。

本日の徳山チャペルでは、礼拝と愛餐がいつものように行われました。

来週も礼拝は、それぞれのチャペルで行われます。
いずれの礼拝にも、どなたでもご自由にお集まりいただけます。

 5/3徳山10:45~
   柳井10:30~
   防府15:30~
 4/30(木)には、
 益田14:00~
 六日市19:30~ です。

本日の説教要旨は、以下の通りとなっています。



【ヨハネによる福音書2115-21節】
18節の主の言葉はペトロの将来を暗示するものです。また、この言葉は私たちにも実感をもって受け止められるものでしょう。年齢が加わると、様々な点で不自由を感じます。しかし聖書は年齢の増幅、そして死をもを「神の栄光」と語ります。神さまは、その働き、み業を私たちを通して為すということなのです。詳しく見て行きましょう。

聖書は主がペトロに三度愛を問う箇所。主とペトロとの掛け合いは、原文ではより真相が伝わります。解釈は多様ですが、主は二度目まではペトロにアガペーの愛を問います「大切にするか」と。しかしペトロは二度目迄もフィリオの答えを為す「好きです」と。以前のペトロなら当意即妙に応答したでしょう。ここでは応えられないペトロの姿があります。

主はペトロが罪の重荷に苦しんでいることを承知していました。だから三度目「好きか」の問いに変更したのです。そもそも人に神の愛を求めるのなら、それはもう「神の愛」の名に値しませんね。神さまの愛は無条件なのですから。むしろここで主は、問いではなく愛を伝授したい心持ちと考えます。なぜなら主は二度目迄「アガペー」の言葉を用いるからです。主はペトロに、神さまの愛を伝える意図で、愛を問うたのです。

主はペトロを通して神の愛を表明、栄光を表されます。ペトロが完全無欠ならば主の出番は必要ありません。むしろ欠けが目立つペトロ故に、主は愛を示すのです。コリント書には、人を土の器と評する箇所があります。当時の器は素焼きでヒビや欠けが目立つものです。しかし人は唯の素焼きの器ではありません。宝即ち主を持つ器です。欠けや綻びが多ければ多い程、主はその姿をその人を通して示すのです。栄光を表すのです。この世では欠点は誹りや非難の種ですが、主は私たちをも用いられます。誠に感謝。

0 件のコメント:

コメントを投稿